京成船橋駅徒歩3分 JR・東武船橋駅徒歩5分。船橋で契約書・労働問題・債権回収等、中小企業なら、弁護士法人船橋中央法律事務所へ

船橋の弁護士による企業法律相談

弁護士法人船橋中央法律事務所
0120-586-886 船橋・市川及び 周辺地域の企業様は 初回相談無料 受付時間 平日 9:00~20:00 (土日対応日)
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 顧問弁護士
  • 契約書
  • 債権回収
  • 対消費者
  • 労務問題
  • 労使紛争
  • 不動産問題
  • 再生・倒産
  • 会社法

契約書の作成を弁護士に依頼するメリット


契約書の作成を弁護士に依頼した場合、以下のメリットがあります。

(1)貴社の利益確保


契約は、基本的に利害関係が対立する当事者の権利関係について定めるものですので、当事者の力関係によっては一方当事者にとって有利な内容、あるいは不利な内容を盛り込むことも可能です(但し法律に違反する契約及び条項は無効とされます)。この点契約書のひな型は中立的な立場から作成されており、また書式としての汎用性を重視して作成されていますので、契約に至る経緯等、取引の実態を正確に反映できていない場合が大半です。

弁護士に契約書の作成を依頼した場合、当事者の関係も考慮に入れて契約書を作成できますので、当該契約に特有の事情も含め、より取引の実態に即した契約書を作成することができます。例えば御社が相手方に対し契約書の原案を提示できる立場にある場合、原案作成に際し御社にとってなるべく有利となるような条項を盛り込むこともできます。

その際には当該条項が法律に違反していないかのチェックも当然行いますので、弁護士に依頼することにより、
法律に違反しない範囲で御社にとって最大限有利な契約書を作成することが可能になります。

 

(2)将来のトラブルを回避する


上記の通り契約書のひな形は書式として汎用性が要求されるため、契約条項の具体的内容が曖昧なものが散見されます。例えば債務の履行方法について「当事者間で協議の上、決定する」と記載されている場合がありますが、このままでは債務の履行方法が特定できず、契約当事者の一方ないし双方にとって不利益となりかねません。また事後的に契約の解釈や適法性を争われ裁判に発展してしまいますと、それに対応するために必要とされる資金や労力は膨大なものとなりかねません。

この点、弁護士に契約書作成を依頼することにより、条項を明確化し契約の具体的内容を確定することにより、
将来の法的トラブルを事前に回避することが可能になります。また条項の内容そのものについても法律違反がないか、また法律違反はないとしても、将来相手方との間で紛争になりうる要素がないか等についても事前に分析を行いますので、将来のトラブル回避という観点からは、契約書の作成を弁護士に依頼するメリットは非常に大きいと言えます。

 

契約書・契約トラブル


契約書作成の注意点 

契約書を依頼するメリット

契約トラブルの対処法

 

 

弁護士法人 船橋中央法律事務所
千葉県船橋市本町2-1-34 船橋スカイビル3階(受付)
TEL 0120-586-886/047-437-0951(代)
Copyright (C) 2013 弁護士法人船橋中央法律事務所 All Rights Reserved.