京成船橋駅徒歩3分 JR・東武船橋駅徒歩5分。船橋で契約書・労働問題・債権回収等、中小企業なら、弁護士法人船橋中央法律事務所へ

船橋の弁護士による企業法律相談

弁護士法人船橋中央法律事務所
0120-586-886 船橋・市川及び 周辺地域の企業様は 初回相談無料 受付時間 平日 9:00~20:00 (土日対応日)
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 顧問弁護士
  • 契約書
  • 債権回収
  • 対消費者
  • 労務問題
  • 労使紛争
  • 不動産問題
  • 再生・倒産
  • 会社法

契約書の作成・チェック・契約にまつわるトラブル

201406kaya.PNG  

企業経営において、何らかの取引の度に、日常的に様々な契約書をかわされていること思います。

 

その中には、調印するよう求められたが、記載されている内容がよく分からず、不安を感じられることもあると思います。

また、特に取引先と長年の付き合いがある場合や信頼関係がある場合、取引先との力関係が著しく弱い場合などに、内容の吟味がされないまま、契約書に調印し、後にトラブルになってしまうケースも多いのです。

どのような会社も基本的には自らに有利になるように手続を進めることを望みますから、相手方が提示した契約書には、御社にとって不利な条件が記載されている可能性は否定できません。しかし一旦契約を締結し、契約書に署名・押印してしまうと、その後に契約条件の変更を求めることはより困難になります。


このような場合、まずは弁護士による法律相談をお勧めいたします。法律相談の結果、御社にとって不利益な内容が記載されていた等、本格的な契約書のチェックが必要になった場合には、以下のような手続を経ることになります。

 

契約書・契約トラブル


契約書作成の注意点 

契約書を依頼するメリット

契約トラブルの対処法

 

 

弁護士法人 船橋中央法律事務所
千葉県船橋市本町2-1-34 船橋スカイビル3階(受付)
TEL 0120-586-886/047-437-0951(代)
Copyright (C) 2013 弁護士法人船橋中央法律事務所 All Rights Reserved.